[ 小山市 ] ( 平成30年度 ) 住宅用新エネルギー機器等設置費補助金

(1)自宅に太陽光発電設備を設置すると、1kWあたり15,000円(上限 3kW 45,000円)の補助が受けられます。 リチウムイオン蓄電池と同時設置した場合は、1kWあたり25,000円(上限 3kW 75,000円)の補助が受けられます。
(2)高効率給湯器を設置すると、エコキュート及びエコワン…10,000円、エネファーム…20,000円の補助が受けられます。
(3)定置用リチウムイオン蓄電池を設置すると、30,000円の補助が受けられます。

詳しくはこちら

[ 小山市 ] 耐震診断助成事業

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅は、診断と補強計画策定費用の3分の2(上限10万円)の補助が受けられます。

詳しくはこちら

[ 小山市 ] 耐震改修助成事業

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅で耐震診断の結果、耐震改修が必要と診断された場合は、最大60万円の補助が受けられます。 更に高齢者等居住世帯には、5万円が加算されます。

詳しくはこちら

[ 小山市 ] 木造住宅耐震改修工事利子補給金事業

金融機関で融資を受けて耐震改修工事を実施した方は、利子補給を受ける事ができます。
・金融機関の融資を対象に、最大で500万円
・利子補給率は年2%(上限)、利子補給期間は5年間

詳しくはこちら

[ 下野市 ] ( 平成30年度 ) 住宅用太陽光発電システム設置費補助金 本年度の受付は終了しました。

自宅に太陽光発電システムを設置すると、1kWあたり10,000円(上限 40,000円)の補助が受けられます。

詳しくはこちら

[ 下野市 ] 木造住宅の耐震診断等補助制度

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅は、診断と補強計画策定費用(限度額10万円)の補助が受けられます。

詳しくはこちら

[ 下野市 ] 木造住宅の耐震改修補助制度

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅で耐震診断の結果、耐震改修が必要と診断された場合は、最大80万円の補助が受けられます。

詳しくはこちら

[ 下野市 ] 木造住宅の耐震建替補助制度

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅で耐震診断の結果、耐震改修が必要と診断された住宅を建替える場合は、最大80万円の補助が受けられます。
(県産出材を10m3以上使用する場合は、10万円加算されます。)

詳しくはこちら

[ 野木町 ] 太陽光発電システム設置費補助金

自宅に太陽光発電システムを設置すると、1kWあたり2万円(上限 3kW 6万円)の補助が受けられます。

詳しくはこちら

[ 野木町 ] 木造住宅の耐震診断・耐震改修等制度

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅は、耐震診断補助・耐震改修補助(限度額80万円)・耐震建替え補助(限度額80万円)が受けられます。

詳しくはこちら

とちぎ家ナビへのお問い合わせ
PAGETOP
無料ご相談はこちらから